全商品


最近チェックした商品



TOP > テーマ > ドボク
TOP > アイテム > 写真集・読みモノ
TOP > ブランド > 大山顕
TOP > ブランド > マニアパレル

かわいいビル/かわいいビルバッジ

■かわいいビルの写真集を作りました


高度経済成長期に建てられた、なんてことないビルの写真集。なんてことないんだけど、すごくかわいい。そしてなんてことないので、どんどんなくなっていっている。現に収録されたビルのうちいくつかは現存しない。

ぼくはこれまで工場やジャンクションを撮ってきたが、同時にこういう「かわいいビル」も見つけ次第写真に収めてきた。気がつけば6、7年ほど撮り続けていて、その数も300枚ほどになった。あらためて並べてみるると、いまのビルにはないこの時代特有の意匠に気づく。

北は仙台市から南は鹿児島まで、48の選りすぐったビルを「窓がかわいい」系、「「箱みたいでかわいい」系、「挟まれててかわいい」系など独自に分類して紹介。こちらで全ページ見ることができます。

都市は特別なものだけでできているわけではない。むしろ大部分の「なんてことないふつうのもの」のおかげで機能している。それはちょうどぼくら「普通の人」の人生が大事であるように。つまり、このビル写真はポートレイトだ。みなさんも自分のなじみの街にひっそりと建っている「かわいいビル」をみつけてください。

■product info


判型:A5
42ページ フルカラー

(文:大山顕)



大山顕 Ken Ohyama

フォトグラファー/ライター、 団地愛好家、工場愛好家、ジャンクション愛好家、共食いキャラクター研究家。1972年11月3日生まれ。千葉県船橋市の準工業地域で育つ。1998年千葉大学工学部修了。制作・論文のテーマは「工場構造物のコンバージョン提案」。子どもの頃から工場や工事現場を遊び場とし、学生時代には工場写真を撮っていた生い立ちが、この論文に結実。同時に在学中から団地の写真も撮り始める。卒業後松下電器株式会社(現Panasonic)に入社。シンクタンク部門に10年間勤めた後、フォトグラファーとして独立。出版、テレビ出演、イベント主催などを行っている。
主な著作に「工場萌え」(東京書籍)、「ジャンクション」(メディアファクトリー)、「高架下建築」(洋泉社)など。
blog「住宅都市整理公団 別棟」http://blog.livedoor.jp/sohsai/
twitter:@sohsai


■かわいいビルのカンバッジ


それはそれはカワイイとしか表現出来ない高度経済成長期モダンビルたち。大山顕著「かわいいビル」から厳選した4つのビルを大・中・小のサイズで封じ込めた缶バッジセット。

さぁいつでもお気に入りのビルをワードローブに身につけて、また街角でかわいいビルのお仲間に会いにいこうではありませんか。

■product info


サイズ
大:直径 約4.4cm
中:直径 約3.1cm
小:直径 約2.5cm

(文:マニアパレルの中のヒト)

マニアパレル
http://blog.livedoor.jp/r2koba/

「ニッチマニアの為に勝手に作り続ける」をスローガンに、0.05世紀に渡り主宰のBAD_ON(バドン)が極地的に興味あるモチーフを、誰にも頼まれていないのにTシャツ化やら何やら化し続けているブランドです。







この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

商品名 かわいいビル/かわいいビルバッジ
販売価格 1,296円(内税)
在庫数 SOLD OUT
タイプ
SOLD OUT

この商品を買った人はこんな商品も買ってます




池島ポストカード&ジブローダー缶バッジ

カンバッジ3種

TECHNO SCAPE GUIDE Vol.4