全商品


最近チェックした商品



TOP > テーマ > ドボク
TOP > アイテム > てぬぐい
TOP > アイテム > キッチン・日用雑貨
TOP > ブランド > マニアパレル

毒手ぬぐい・毒ボトル

■毒薬変じてネタとなる


永遠に続くかと思われた暑さも落ち着き、すっかり秋めいてきましたね。

先日終了したジュンク堂さんの「毒書の秋100冊フェア」にて販売されていたマニアパさんの毒アイテムを、さっそく皆様にお届けいたします。

しっかし、手ぬぐいの色といい、この白抜きの反転といい、なんとも毒々しい(笑)
カラーのチョイスも秋らしく毒らしくと秀逸ですが、ネーミングが素敵。マニアパさんのこういうところ、大好きです。

さて、どのような毒持ちさんたちがプリントされているかというと、下に並べてみました。

テトロドトキシン(フグ)、パリトキシン(イワスナギンチャク)、サキシトキシン(スベスベマンジュウガニ)、シガトキシン(ドクウツボ)、ストナストキシン(オニダルマオコゼ)、パトラコトキシン(ヤドクガエル)、ブフォトキシン(ヒキガエル)、デンドロトキシン(マンバ)、α‐ラトロトキシン(セアカゴケグモ)、カンタリジン(ツチハンミョウ)、ズグロモリモズ(ホモバトラコトキシン)、ボツリヌストキシン(ボツリヌス菌)、ムスカリン(ベニテングダケ)、シロシビン(ワライタケ)…

有名どころから初めて聞くようなレアなものまで、毒・毒・毒のてんこ盛り!
身近にいるヒキガエルなんかにも毒があるなんて驚きです!
ヒキガエルの毒はブフォトキシンというものらしいのですが、口腔や粘膜に付着すると心筋や神経中枢に作用する毒なんだとか。反面、少量であれば心臓の活動を活発にする効果があったり、局部痲酔や鎮痛作用、止血効果もあるそうです。

いやあ、なんとも奥が深いです。毒。
個人的には子供のころ図鑑で見たヤドクガエルのビジュアルがインパクトありすぎで好きです。
ずっと「ヤクトガエル」だと勘違いしていて、ヤクトドーガとなんか関係あるのかと最近まで思っていたのは秘密です。

そんないらん情報はおいといて、次行きましょう(笑)

お次は毒ボトルです。
こちらは毒書フェアで初回生産分があっという間に売り切れたという人気アイテム。毒物運搬車両標識と今は無き足尾銅山本山精錬所に残留していた毒物ラベルをモチーフにした、道路クラスタの方も廃墟クラスタの方も大満足の一品となっています。

容量は300mlと、持ち運びにコンパクトでかさばらないサイズです。
カラビナ付きなので、バッグにぶら下げられるのもいいですね。

「参考書」のコーナーに毒書の一部を並べましたので、秋の夜長、毒書に耽ってみてはどうでしょう。

■product info


*毒てぬぐい
素材:綿 100%
広げたサイズ: 約35×90cm

・色の濃い手ぬぐいは洗濯の際に色落ちする恐れがありますので、淡い色の服とは別に洗ってください。
・手ぬぐいの端は切りっぱなしになっているのが普通です。洗濯を繰り返しますとどうしてもほつれてきますので、ほつれた糸ははさみなどで切ってください。

*毒ボトル
容量:300ml
素材:本体/アルミニウム、キャップ/ポリプロピレン、パッキン/シリコン、カラビナ/アルミニウム、リング/スチール

・ご使用の前に、本体およびフタをぬるま湯と中性洗剤でよく洗って下さい。
・フタ栓を確実に締め、本体を横にして濡れないことを確認してからご使用下さい。
・高い所から落としたり衝撃を加えると、破損するおそれがあります。
・ご使用後は中性洗剤をつけたスポンジなどで洗浄して水気をよく拭き取って乾燥させてください。たわし又は磨き粉は傷の原因となりますので使用しないで下さい。
・底面に凹みがございますが印刷の際に位置決め用にあるマーキングです。ご使用に関しては問題ございませんのでご了承くださいませ。

マニアパレル
http://blog.livedoor.jp/r2koba/

「ニッチマニアの為に勝手に作り続ける」をスローガンに、0.05世紀に渡り主宰のBAD_ON(バドン)が極地的に興味あるモチーフを、誰にも頼まれていないのにTシャツ化やら何やら化し続けているブランドです。






この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

商品名 毒手ぬぐい・毒ボトル
販売価格 1,296円(内税) 〜
在庫数 SOLD OUT
種類
SOLD OUT

この商品を買った人はこんな商品も買ってます




テトぐるみ

廃墟・遺構探索

テトラ&酷道手ぬぐい3種